シミ取り レーザー治療

  

スポンサードリンク

シミ取り レーザー治療

シミ取りと言うと、口コミでも人気のレーザー治療を上げる方が大半を占めます。

ただし、シミには様々な種類があり、治療法も様々です。また顔などの場合紫外線対策などの治療後のケアもとても大切です。皮膚科などで納得がいく治療を受けましょう。

シミ取りのレーザー治療する前に知っておきたい事

シミ取りのレーザー治療する前に知っておきたい事があります。シミ取りと言ってもシミには、様々な種類があります。

また、シミの原因やシミのある場所も様々でどれもレーザー治療が適しているとは言えません。ですので、シミ取りを考えている場合には、自分に合った治療法や除去法、また治療後のケアが必要です。

シミ取りのレーザー治療を受ける前には、必ず皮膚科などで相談をして、治療方法などに納得の出来る所で治療を受けましょう。

シミ取りのレーザー治療する前に

シミ取りのレーザー治療する前に、シミや治療法について説明します。シミの種類には、まず老人性色素斑(=狭義のシミ)というものがあります。

これは、紫外線によるダメージで顔や腕、手の甲などにシミが出来る多く見られる原因です。20歳代でも見られる症状です。

このシミ取りにはレーザー治療や塗り薬での治療がオススメです。次に脂漏性角化症(しろうせいかっかしょう)があります。

これは老人性疣贅(ろうじんせいゆうぜい)とも呼ばれているシミが盛り上がって見えるものです。盛り上がりの程度やシミの色も様々で、盛り上がりが少ないものがシミの部類に入ります。

この治療には、液体窒素を使った冷凍凝固処置や炭酸ガスレーザー、レーザー治療、塗り薬などの治療がオススメです。次に肝斑(かんぱん)があります。

このシミは女性に多く見られ、左右対称にシミが現れるのが特徴です。妊娠や出産がきっかけでこのシミが出来る場合もあります。

症状も悪化する要因もあるので、紫外線対策やストレス対策、薬による悪化を防ぐ対策などが必要になります。このシミには、薬を利用しての治療がオススメです。

次に光線性花弁状色素斑(こうせんせいかべんじょうしきそはん)があります。これは、日焼けによるシミで、肩や背中に出来るのが特徴です。このシミにはレーザー治療や液体窒素による冷凍凝固処置がオススメです。

レーザー治療などによるシミ取り

レーザー治療によるシミ取りは、主な原因とされるメラニン色素の黒い色に反応するレーザーでシミ取りを行う方法です。

レーザーは色に反応するので、肌を痛める心配がありません。治療後にはかさぶたや色素沈着を起こす場合もありますが、数日できれいな肌になります。治療時間も短く、治療時の痛みも比較的小さくパチンとする位で済みます。

この治療は皮膚科や美容外科などで相談をして、自分に合った病院を選びましょう。レーザー治療以外のシミ取りには、ケミカルピーリングやトレチノイン療法などがあります。

ケミカルピーリングはレーザーによる治療より気軽に行える治療で経済的負担も少ないです。特殊な薬剤を使って角質をはがして新陳代謝を促進する治療方法です。

トレチノイン療法に使用する薬は日本では許可されていませんので、医師の指示をしっかり受ける必要があります。薬を皮膚に直接塗り角質を溶かす治療方法です。どちらにしろ、治療後の紫外線対策やスキンケアは欠かせません。

タグ

2009年10月23日|

カテゴリー:シミ取り レーザー治療

人気の美顔器はどれだ!

  スポンサードリンク

Powered by
Movable Type 4.261

スポンサードリンク