シミ取り 方法

  

スポンサードリンク

シミ取り 方法

シミ取りの方法には、皮膚科やエステに通って専門的な医療行為(レーザーなど)を行ってもらう方法から、自宅で行える化粧品やクリームなどを使用する方法などがあります。

シミ取り方法の原因と対策

シミ取り方法には皮膚科やエステの専門医が行う専門的な医療行為から、自宅で行える化粧品やクリームなどによる方法があります。シミ取り方法を伝授する前に、まずはシミの原因から考えていきましょう。

シミとはいったい何でしょうか?肌トラブルの一つであるシミは、正式名称を「肝斑(かんぱん)」といいます。

「シミ」というのは化粧品業界や美容業界で用いられる言葉でソバカスなども含めたものです。シミは紫外線により「メラニン」という色素が肌に沈着して取れなくなってしまったものをいいます。

通常は肌はターンオーバーという新陳代謝を行うことで古い肌から新しい肌への再生を繰り返すのですが、メラニン色素が増大してしまうと、このターンオーバーでは再生できずにシミができてしまうのです。

というわけで、夏の強い日差しや紫外線を防ぐことがシミを予防する対策なのです。

シミ取り方法(レーザー治療)

シミ取り方法にもいろいろあるのですが、その一つとして皮膚科やエステで行えるレーザー治療というのがあります。レーザー治療は炎症性色素沈着というシミに有効だとされています。

この炎症性色素沈着とは何でしょうか。これは、炎症を伴ったニキビや火傷、かぶれなどが原因となって起こるものです。

では、レーザー治療とはどうやって行うものなのでしょう?レーザー治療とは、メラニン色素の黒い部分に反応してシミ取りをする方法です。

レーザーで肌を傷つけることもなく安心なシミ取り方法だとされています。施術後にかさぶたや色素沈着するケースもありますが、紫外線に気をつけていれば数日できれいな肌になります。

また、痛みもほとんどありません。ただしレーザー治療は比較的高額です。皮膚科や美容外科などでしっかりと相談をして納得した上で施術を受けてください。

シミ取り方法(ケミカルピーリング)

シミ取り方法はレーザー治療のほかにケミカルピーリングという方法があります。このケミカルピーリングは特殊な薬剤をしようするシミ取り方法です。

酸性の薬剤により肌の老化した角質をはがしながら、新陳代謝を促すという方法です。ケミカルピーリングの良いところは、短時間で比較的安価だということです。

ケミカルピーリングを受けた後は、一時的に肌が水分不足の状態に陥ったり、皮膚が過敏になったりすることもあるので気を付けてください。

自宅でピーリングできる化粧品なども市販されていますが、できれば医師と相談して適切な処置を受けることをお勧めします。

タグ

2009年10月24日|

カテゴリー:シミ取り 方法

人気の美顔器はどれだ!

  スポンサードリンク

Powered by
Movable Type 4.261

スポンサードリンク