しみ取り フラッシュ光線

  

スポンサードリンク

しみ取り フラッシュ光線

しみ取りをフラッシュ光線で行えるということをご存じですか?フラッシュ光線でシミやそばかすを除去する方法は肌への負担も軽く今話題を呼んでいます。施術後にすぐお化粧もできます。

しみ取りのフラッシュ光線とは?

しみ取りにフラッシュ光線療法が効くというのは、ビートたけしが司会を務める医療系のテレビ番組でドクター利根川さんが紹介したことで一気に広まりました。

このしみ取りをフラッシュ光線で行うというのは一体どういうことでしょう。従来のレーザー治療との違いはどこにあるのでしょうか。

従来のレーザー治療では、茶色いシミ・そばかすにはルビレーザー、赤色にはダイレーザーというように、シミの症状によってレーザーの種類も分けられてきました。

症状によって使用するものを変えるということは、その分効果もそれぞれなわけで、一つ一つ対応していかなければいけなかったのです。

しかし、フラッシュ光線という新しい技術は幅広い波長をもつ光が肌に作用して複数の肌トラブルを同時に改善してくれるのです。たとえば、紫外線による老化現象を改善し、肌の新陳代謝を活発にします。

また、シミ・そばかすや赤ら顔、毛穴の開き、目じりの小じわやニキビ跡にまで有効なのです。

しみ取りのフラッシュ光線の施術回数

しみ取りのフラッシュ光線はシミ取りだけでなく様々な効果があります。

シミ・そばかすはもちろん、毛穴の開き、毛細血管拡張症、赤ら顔、ニキビ痕、肌質改善、コラーゲンの生成により肌の若返りにまで効果が期待できるのです。

このしみ取りのフラッシュ光線はどのくらいの頻度で受ければ効果的なのでしょうか。

肌全体に効果が行きわたるには、3?4週間おきに5回程度の施術が理想的です。ただし、効果には個人差がありますので、施術の際はエステや皮膚科の医師と十分に相談して経過を見ながら施術を受けてください。

しみ取りのフラッシュ光線は痛くない?

しみ取りのフラッシュ光線についてよくある質問にお答えします。まず、しみ取りのフラッシュ光線は痛くないか?という疑問を持たれる方が多いのですが、光を当てるときに輪ゴムをはじいたような刺激がある程度で、そのほかはほとんど痛みがありません。

施術は冷たいジェルなどで冷却しながら行われるので肌への負担も軽減されます。

痛みを感じやすい方には麻酔クリームを塗るなどの対応をしてくれるクリニックもありますので、一度トライアルを受けたり、治療法について相談してみてください。

タグ

2009年10月22日|

カテゴリー:しみ取り フラッシュ光線

人気の美顔器はどれだ!

  スポンサードリンク

Powered by
Movable Type 4.261

スポンサードリンク