顔シミ取り薬

  

スポンサードリンク

顔シミ取り薬

顔のシミ取り薬は、口コミでも様々なものが紹介されています。薬の他に、美容液やクリームなどの化粧品でシミ取りができます。皮膚科やエステではレーザーで短期間でシミを取る方法もあります。

顔シミ取り薬とは

顔のシミ取り薬とは、簡単に説明するとビタミンCを配合した成分でメラニン色素の発生を抑える働きがあります。シミ取りの薬は、飲み薬と塗り薬があります。

どちらもドラッグストアなどで簡単に購入することができます。有名な商品では、エスエス製薬の『ハイチオールC』や『チョコラCCホワイト』の名前くらいは耳にしたことがあると思います。

ハイチオールCにはL?システインという成分が配合されており、シミの素のメラニン色素の発生を抑え、しみ・そばかすなどの症状を改善します。

また、エーザイのチョコラCCホワイトは、ビタミンC、E、B2、B6、L?システインが配合されていて肌の内側からシミ取りに働きます。顔のシミ取り薬の効果だけでなくビタミンCが口内炎の緩和にも働いているという口コミもあります。

塗り薬は、小林製薬の『ケシミンクリーム』があります。シミに直接塗ってシミ取りを行うのです。これもビタミンCがメラニンの生成を抑えるためシミ取りに効果があります。

塗り薬は夜に塗った方がいいとご存知の方もあるでしょう。それは、なぜだかわかりますか?メラニンが夜生成されるから?ではなく、、、。ビタミンCが紫外線を吸収するからなのです。

ビタミンCの摂取や肌に塗るのは、日中のお出かけ前はできるだけ避けた方がいいでしょう。顔のシミ取り薬には、シミの種類をよく確認しないと効果が表れない場合があるので、インターネットなどで自分のシミがどれにあてはまるのか簡単に調べることもケアの第一歩となります。

顔のシミ取りの種類

顔のシミ取りは薬の他に、エステや皮膚科でレーザーで治療する方法もあります。薬とちがって、簡単にシミ取りができ一目で効果を確認することができます。レーザー治療でも1回でキレイに取れてしまうわけではありません。

1回目でもある程度の効果は確認できますが、シミの深さや大きさで数回施行する必要性もありますが、他のシミ取りに比べれば短時間で効果を実感できます。

施行後は紫外線に当たらないように注意したり、十分な保湿などのアフターケアが不可欠です。顔のシミ取り薬ともいえるピーリング剤も少し説明します。

シミは、肌の再生サイクルのバランスが崩れ、排出できない古くなった角質が滞ることでメラニン色素が生成されます。ピーリング剤は酸を使用し肌に滞った角質を剥がしてシミ取りを行います。

また、古い角質を剥がし肌の再生サイクルを活性させます。酸といっても、肌を溶かすように強いものではなくフルーツ酸(AHA)というもので角質を落としてくれます。特にりんご酸が有名です。

石鹸タイプのものを利用している方も多いのではないでしょうか。角質を取るので肌質によっては、ピリピリした感じがあるので十分に保湿しケアしましょう。

タグ

2009年10月25日|

カテゴリー:顔シミ取り薬

人気の美顔器はどれだ!

  スポンサードリンク

Powered by
Movable Type 4.261

スポンサードリンク