dhc美顔器

  

スポンサードリンク

DHCペティコ美容液

DHCの美顔器・『ペティコ』専用の3本の美容液について

DHCの美顔器・「ペティコ」にはそれ専用の美容液が必要です。

残念ながら現在DHCから「ペティコ」は販売停止になっていますが、「ペティコ」専用の美容液は販売されています。

DHCのサイトによると、「ペティコ」にはクリーン・ベースバランス・イオン導入・リフトアップ・マイクロカレントの 5種類の機能がついていますが、使うプロセスによって3種類の美容液を使い分けるとの事です。つまり、「ペティコ」専用の 美容液は3種類あるという事になります。

「ペティコ」専用の美容液とメニューについて説明しましょう。

イオン導出の技術を利用して、普通の洗顔では落とし切れない汚れを落とす「クリーン」というプロセスを使うには、 「DHCスキンクリーンローション」を使います。

「ペティコ」専用美容液1本目・「DHCスキンクリーンローション」に配合されている美容成分はヒアルロン酸・ビタミンC 誘導体・アロエベラエキス・オリーブリーフエキスなどです。

ちなみに、オリーブリーフエキスとは、オリーブオイルがオリーブの実から作られるのに対して、オリーブの葉から 作られたエキスです。ポリフェノールやフラボノイドなどの成分を含み、お肌のうるおいをキープさせる効果があると言われています。

クリーンのあとはベースバランスでマッサージ効果を出します。そして、次のプロセスであるイオン導入の効果をアップさせます。

「ペティコ」専用美容液2本目・「DHCパッティングジェル」です。

「DHCパッティングジェル」に配合されている成分は、ヒアルロン酸・シーコラーゲン・アロエベラエキス・オリーブリーフエキス、 そして、高濃度配合されたコエンザイムQ10などです。

そして、イオン導入・リフトアップ・マイクロカレントに使用するのが、「ペティコ」専用美容液3本目・「DHCイオンアップ」です。

「DHCイオンアップ」に配合されている美容成分は、イオン導入する美容成分と言えばこれが真っ先に頭に浮かぶビタミンC誘導体の他に、 ヒアルロン酸、プラセンタエキス、コエンザイムQ10、オリーブリーフエキス、アルファ-アルブチン、アロエベラエキスなどです。

これらの「ペティコ」専用美容液を使用する際の注意点として、「ペティコ」のそれぞれのプロセスを始める前にそれぞれの美容液を お肌に塗るのですが、お肌に塗る時にはたっぷりと塗る事がポイントです。

と、言いますのも、「ペティコ」専用美容液を塗る量が少ないと、「ペティコ」を使った時にお肌に刺激を感じる事やお肌のケアが しっかり出来なかったりする事があるとの事です。

タグ

2011年9月 3日|

カテゴリー:dhc美顔器

DHCペティコ電池

DHCの美顔器・『ペティコ』を電池式の美顔器にした事に関しての考察

DHCの美顔器・「ペティコ」はその重さが約35g、本体の大きさが女性のてのひらに乗るくらい小さな美顔器です。 そして、電池式の美顔器ですので、持ち運びも可能です。

ただ、「ペティコ」はクリーン・ベースバランス・イオン導入・リフトアップ・マイクロカレントの5段階のプロセスで 美肌効果を出し、専用美容液も、「DHCスキンクリーンローション」・「DHCパッティングジェル」・「DHCイオンアップ」と 三つもあり、それを「お肌のケアをするプロセスによって使い分けるというのが面倒」だという意見もあります。

具体的には、クリーンには「DHCスキンクリーンローション」、ベースバランスには「DHCパッティングジェル」、 イオン導入・リフトアップ・マイクロカレントには「DHCイオンアップ」という風に「ペティコ」専用美容液を使い分けます。

確かにこれを外出先でやるのは手間も時間もかかりますので、出来れば自宅でゆっくりとお肌のケアをしたいと思うのも 無理はないかと思われます。

よって、前述のとおり、「ペティコ」は携帯可能な大きさと重さをそなえた電池式の美顔器ですが、外出時には「DHC スキンクリーンローション」・「DHCパッティングジェル」・「DHCイオンアップ」の3本の専用美容液も「ペティコ」本体と 一緒に持ち歩かなければならない事とそれを実際に使う手間を考慮に入れれば、メーカーであるDHCさんには申し訳ありませんが、 「ペティコ」を電池式の美顔器にして携帯可能な美顔器にした意味はあまりないと言えるところがあり、自宅で使用する事を 前提とした美顔器として使っている人がほとんどではないかと筆者は考えています。

これはあくまでも筆者の個人的な意見ですが、「ペティコ」は電池でも電気でも使用可能な美顔器にした方がユーザーのニーズ には合っていたのではないかと考えられます。

普段は自宅でゆっくりと「ペティコ」でお肌のケアをするために充電をしておき、一人あるいは気がねのいらない友人と 温泉旅行などに行った際に「ペティコ」本体と3本の「ペティコ」専用美容液を持って行くのであればゆっくりとお肌のケアが 出来ますので、「ペティコ」に電池を入れて3本の「ペティコ」専用美容液と一緒に旅先に持って行くという使い方が出来るわけです。

このように、「ペティコ」を電池式の美顔器にした意味については懐疑的でも、世界最軽量とさえ言われる本体の小ささ・軽さに ついてはまったく意味がないとは言い切れないと筆者は考えています。あまりにも重い美顔器は使いづらいからです。

現在DHCから「ペティコ」は販売されていません。

しかし、目のつけどころが他とは違うDHCさんならば、この先、「ペティコ」のように小さく軽く電池式で持ち運びが可能で ありながら、「ペティコ」よりも使い勝手の良い美顔器を開発してくれるのではないかと期待しています。

タグ

2011年9月 2日|

カテゴリー:dhc美顔器

DHCペティコ使い方

DHCの美顔器・『ペティコ』の使い方

DHCの美顔器・「ペティコ」の使い方は、以前は動画でも紹介されていたという情報もありますが、 残念な事に現在はその動画が見られないようになっています。

「ペティコ」の使い方を紹介した動画がみられなくなったのは「ペティコ」のメーカーであるDHCから 「ペティコ」の発売が停止されたからだろうと考えられます。

確かに、メーカーであるDHCから発売を停止した商品である「ペティコ」の使い方を紹介した動画を 発売停止後も掲載するのはマズイという理屈はわかります。

しかし、DHCから「ペティコ」の発売が停止されていても、「ペティコ」の発売が停止される前に 「ペティコ」を購入した・あるいは発売停止後にオークションその他のルートで「ペティコ」を入手した 人もいらっしゃると思いますので、出来ればその動画は残して欲しかったというのが筆者の率直な感想です。

動画ではなくて文章で恐縮ですが、DHCの美顔器・「ペティコ」の使い方についてお話しましょう。

「ペティコ」を使う前に、「ペティコ」の専用美容液(「ペティコ」の専用美容液は3本あります)の一つである 「DHCスキンクリーンローション」をケアしたい場所(顔や首など)にたっぷりと塗ります。

そして、「クリーン」開始です。

「クリーン」のプロセスが終わったら、「ペティコ」本体のイオンヘッドの部分を、水あるいはぬるま湯でしめらせた後に 固く絞った布などで、雑巾でものを拭く要領で軽く拭いて「ペティコ」本体から「DHCスキンクリーンローション」をふき取って下さい。

そして、身体に残った「DHCスキンクリーンローション」は、水あるいはぬるま湯で洗い流すかコットンなどでふき取って下さい。

それが終わったら次のプロセス・ベースバランスを始めます。

その前に「ペティコ」の専用美容液二つ目(厳密に言えば「ペティコ」専用マッサージジェル)の「DHCパッティングジェル」 を顔などケアする場所にたっぷりと均等に塗ります。

それが終わってから「ペティコ」のモードボタンを押してスイッチを入れ、さらにもう一度モードボタンを押して「ベース」が 点滅している事を確認します。

その時、顔の内の方から外の方へ、顔の下の方から上の方へと「ペティコ」を動かすのがポイントです。

ベースバランスが終わったら、次のプロセス、イオン導入・リフトアップ・マイクロカレントに進みます。

「DHCスキンクリーンローション」は拭き取りましたが、「DHCパッティングジェル」は拭き取りません。そのまま 次のプロセスであるイオン導入・リフトアップ・マイクロカレントに進みます。

その前に「ペティコ」専用美容液三つ目の「DHCイオンアップ」をこれもケアする場所にたっぷりと塗ります。

これは「DHCイオンアップ」に限らず「ペティコ」の美容液全てに言える事ですが、これらはたっぷりと塗る事によって、 お肌への刺激を与えないようにしているという面もありますので、ケアの途中でも「ペティコ」の美容液が足りないと感じたら、 すぐに塗り直して下さい。

そして、それが終わったら「ペティコ」本体のモードボタンを押してスイッチを入れ、それからさらに2回モードボタンを押して 「導入」が点滅している事を確認してからイオン導入に入って下さい。

(「ペティコ」の動かし方はベースバランスと同じなので割愛します)

リフトアップも使い方はイオン導入と同じで、お肌に「DHCイオンアップ」を塗ったあとに「ペティコ」本体のモードボタンを 押してスイッチを入れ、それからさらに3回モードボタンを押して「リフト」が点滅している事を確認してからお肌のケアに入ります。

マイクロカレントの使い方は、「DHCイオンアップ」を塗るところは同じですが、「ペティコ」本体にマイクロカレントスティックを 差し込むところと、モードボタンを押してスイッチを入れたあとに、さらに4回モードボタンを4回押して「マイクロ」が点滅している事を 確認するところ、そして、2本あるマイクロカレントスティックを、集中してケアしたい場所をはさみこむように固定してからお肌を軽く 一定の方向へと引っ張るように動かすところが違います。

そして、お肌のケアが終わっても、「DHCイオンアップ」は洗い流さずに、お肌になじませて下さい。「DHCイオンアップ」に配合されている 美容成分がお肌になじみますので。

そして、「ペティコ」を使ったあとは化粧水などでお肌のケアをして下さい。

タグ

2011年9月 1日|

カテゴリー:dhc美顔器

DHCペティコ効果

DHCの美顔器・『ペティコ』の効果とは

健康食品や化粧品のメーカーとして知られるDHCの美顔器・「ペティコ」は、本体の重さがおよそ35g、 大きさは手のひらサイズと、とても小さくて軽い美顔器です。

しかし、「本体が小さいから機能もチャチなものなんじゃないの」という批評はDHCの「ペティコ」には 当てはまりません。

これだけ小さくて軽いのにもかかわらず、クリーン(クレンジング)やベースバランス(マッサージ)、 イオン導入・リフトアップ・マイクロカレントと、「ペティコ」には「さすがは健康食品・化粧品のメーカー・ DHCさんの美顔器だ」と納得させるだけの機能があり、美容効果もかなり期待出来るものがあります。

クレンジングやイオン導入の機能のある美顔器は珍しくありません(と、言うよりも、最近の美顔器では イオン導入によって美容(美肌)効果を出す機能のある美顔器は、イオン導出によってクレンジングをする 機能もついている事が多くなっているのですが)。

そして、「ペティコ」とは違う方法でリフトアップ効果を狙った美顔器もあります。

「ペティコ」が微弱なプラスとマイナスの電流を交互に流す事によってお肌に刺激を与えてお肌の弾力を 取り戻すというやり方でリフトアップ効果を出すのに対して、ローラー美顔器はローラーをお肌の上で転がす 事によって表情筋に働きかけてリフトアップ効果を出します。

しかし、上記の機能に対して、「ペティコ」のようにベースバランス・マイクロカレントの機能がついている 美顔器はまだ珍しいのが現状です。

ベースバランスとは、微弱な電流を流す事によってお肌の奥からマッサージをしたような効果を作り出す という機能で、お肌の奥へと美容成分を浸透させるイオン導入の効果をアップさせる効果をも生み出します。

マイクロカレントとは、人間の体内に元からそなわっている微弱な電流に似た周波数の電流の事で、これを お肌に流す事によって様々な効果を引き出します。

マイクロカレントの様々な効果の中には、血流やリンパの流れを良くする事によってむくみ解消の効果というのも あると言われています。

このマイクロカレントの様々な効果に目をつけて自社の美顔器・「ペティコ」にその機能をつけるとは、 さすがは健康食品・化粧品のメーカーであるDHCさんだなあと感心します。

「ペティコ」についてそこまで説明しても納得出来ない方はいらっしゃるかと思われます。

「DHCの美顔器だから『ペティコ』にそれだけの機能と美容効果があったとしても不思議じゃないけど、 すぐに壊れてしまったら意味がないじゃないの。それについてはどうなの?」

確かに、おっしゃるとおりです。

「ペティコ」は、残念ながら現在メーカーであるDHCから販売を中止している状態ですので、「ペティコ」の効果 について知りたいとおっしゃる方は、実際に「ペティコ」を使った事のある方からの口コミ情報に頼るのが一番良い 方法ではないかと考えられます。

そこで口コミ情報を見てみましたが、現在まで「『ペティコ』は壊れやすかった」という情報はありませんでした。

タグ

2011年8月31日|

カテゴリー:dhc美顔器

DHCペティコたるみ解消効果

DHCの美顔器・『ペティコ』のたるみ解消効果について

健康食品や化粧品のメーカーとして知られるDHCの美顔器・「ペティコ」はリフトアップとマイクロカレントの 機能がありますので、たるみの解消にも期待出来ます。

「ペティコ」のリフトアップは、ローラー美顔器がローラーをお肌で転がす事によって表情筋に働きかけてリフト アップするという方法なのに対して、プラスとマイナスの微弱な電流を流す事でお肌を刺激してリフトアップさせる というもので、このリフトアップでたるみそのものを解消するだけではなくて、顔のお肌のたるみによるフェイスラインの くずれをも解消させる美顔器・「ペティコ」を開発するという発想は、さすがは健康食品・化粧品のメーカー・DHC。 目の付けどころが違うと脱帽せざるを得ないかと思われます。

そして、マイクロカレントとは、人間の身体に流れている微弱な電流に似た周波数の電流の事で、これを流す事によって 美容効果を出すのです。最近ではこのマイクロカレントをエステのメニューに取り入れているエステティックサロンもあるとの事です。

マイクロカレントは様々な効果が期待されていますが、その中でも最も注目されている美容効果とは、コラーゲンの 組織の合成を助ける効果です。それによって、お肌に弾力を持たせ、さらにシワやたるみが解消されるというわけです。

ただ、「似たような効果を持つ二つの機能を付ける必要はないのではないか」という意見も出て来るかと思われます。

その意見に対し、筆者はこう反論したいと思います。

「それだけ、DHCというメーカーがたるみというものに対して警戒しているからあえて自社の美顔器・『ペティコ』に たるみ解消の効果を強化したのではないでしょうか?」と。

確かに頬の毛穴が目立って来る理由の一つとして頬のたるみがあるほどには、たるみというものはあなどれません。

それと、これは反論と言うよりは筆者の勝手な憶測で恐縮ですが、イオン導入・イオン導出の機能のついた美顔器というものは 割とあるもので、当然『ペティコ』にもイオン導入・イオン導出の機能はついていますが、それだけでは他社製品との差別化は はかれないとDHCが判断した可能性もあるかと思われます。

(これは美顔器に限らないかと思われますが)美顔器を売り出す時には、他社製品にはない特徴を出さなければ「よくある美顔器」 で終わってしまいます。それを防ぐためにリフトアップとマイクロカレントの機能をつけたのではないかといううがった見方も 出来るのではないでしょうか?

もし、筆者の勝手な憶測が当たっていたとしても、筆者は良いと考えています。色々な美容効果の出せる美顔器の登場は ユーザーにとっても嬉しい事だからです。

残念ながら現在DHCから「ペティコ」は販売中止になっていますが、DHCという、目のつけどころが他の企業とは違うメーカーさんならば、 いつか「ペティコ」を超える機能を持つ美顔器を開発してくれると期待しています。

タグ

2011年8月30日|

カテゴリー:dhc美顔器

ペティコ ネットオークション

『ペティコ』はネットオークションで買うしかない?

皆様は「ペティコ」という美顔器をご存じでしょうか?

「ペティコ」という美顔器のメーカーは健康食品のメーカーとして有名なDHCです。

DHCと言えば健康食品のメーカーとして広く知られていますが、化粧品やダイエット商品も販売しています。

「ペティコ」もDHCというメーカーの商品としては一般的には知られていない分類のものになっているかと思われます。

「ペティコ」については「世界で最小・最軽量の美顔器」と言われ、その大きさはてのひらに納まるくらい小さく、 重さは35gです。

日本で売っているMサイズの卵が58?63gと言われていますから、「ペティコ」がいかに軽いか、 理解していただけるのではないかと思われます。

「そんなに小さくて軽いんだったら、壊れやすいんじゃないの?」と疑いのまなざしを向けられそうですが、 「ペティコ」の口コミ情報を見聞きする限りそのような話は耳にしません。

ただ、「小さ過ぎて使い勝手が悪い」という声は聞かれました。

小さいと持ち運びが便利で良いように思われますが、それにも適度というものがあるという事ですね。

(もっとも、「使っているうちに慣れた」という声も聞かれましたが)

...と、筆者は「ペティコ」という美顔器について良い事ばかり書き連ねて来ましたが、一つ問題があります。

それは、2011年7月現在「ペティコ」のメーカーであるDHCのサイトから「ペティコ」専用の美容液などのいわば 「『ペティコ』の付属品」の取り扱いはあるものの、肝心の「ペティコ」本体の取り扱いがないのです。

付属品だけは取り扱いがあっても本体の取り扱いがないというのは不思議な事ですので、これについては、 筆者はメーカーさんに一言説明が欲しいものですが、現実にないものは仕方がありません。

2011年7月現在「ペティコ」のメーカーさんからのの取り扱いがないのですから、正規のルートで「ペティコ」を入手出来ない以上、 「ペティコ」が欲しければ、ネットオークションなどを利用する他ないというのが現状です。

「でも、オークションで『ペティコ』を買ったら、壊れた時にメーカーからの保障ってないんでしょ?」 と言われると筆者としても弱い部分があります。

これは「ペティコ」に限りませんが、ネットなどのオークションは安く入手出来る代わりにメーカーからの保障が ない場合がほとんどです。

しかし「ペティコ」の場合、「価格の安さを重要視するならばネットオークションなどを利用して、保障の手厚さを重視する ならば正規のルートで購入した方が良い」と言えないのは筆者としても頭が痛いところです。2011年7月現在正規のルートでの 「ペティコ」の本体の取り扱いがなく、その付属品のみの扱いになっているのですから。

「何事にも例外がある」とはよく言われる事ですが、ネットなどのオークションを利用する時にも言える事だと、 「ペティコ」についてもその数少ない「例外」になるのだと筆者は感じました。

タグ

2011年8月 3日|

カテゴリー:dhc美顔器

DHCペティコ 口コミ

DHCの『ペティコ』の口コミからその評判を見る

健康食品メーカーとして有名な「DHC」から発売されている美顔器・「ペティコ」の評判はどうなのでしょうか?

その気になる口コミ情報を寄せていただきました。

DHCのペティコに限らず、美顔器について一番知りたい情報は、「本当に美肌(美顔)効果があるか否か」という事かと思われます。

「ペティコは健康食品メーカーとして有名なDHCが手掛けている美顔器なので、それなりに美肌(美顔)効果はあるのではないか...」 と思いながらも、いざDHCからペティコを購入しようと思うと、二の足を踏んでしまうのが現状なのではないでしょうか。

そのような時にはペティコを実際に使った事のある(あるいは現在使っている)人からの口コミ情報に耳を傾けるのが最適です。 それも、ペティコのメーカーであるDHCと関連性のあると判断されるサイトの口コミ情報ではなくて、DHCとは関連性のない、 中立的な立場にあると判断される方からの口コミ情報の方が信頼出来そうな気がします。

...とは言うものの、匿名で書き込み事が出来るところは、自作自演が可能ですので、どこまで信憑性があるのかと言えば、 なかなか難しいところがあります。

嫌な言い方をお許しいただければ、DHCの関係者がペティコの評判を良くするためにわざと良い口コミ情報だけを 書き込む事だって出来るわけです。

実際、2011年の6月に起こった「九州電力やらせメール事件」については皆様も記憶に新しいかと思われますが、 あれと同じような事が他の会社でも絶対にやっていないという保証はないわけです。

多少話がそれました。DHCの「ぺディコ」の評判を口コミ情報から検証してゆく事にしましょう。

DHCのペティコの特徴と言えば、「クリーン・ベースバランス・イオン導入・肌をふっくら持ち上げる ・マイクロカレント」がこれ一台で出来るという事です。

そして、DHCのペティコは早い人になると一回でその効果を実感出来ると言いますが、それについてはどうなのでしょうか?

実際にDHCのペティコを使っている人からは「ペティコを使った次の日はお肌がもっちりしている」・「お肌のハリが 出て来たように感じられる」など、「効果があった」という口コミ情報がほとんどでした。

ただ、「一日16分ペティコでお肌のケアをしなければならないのが面倒」という口コミ情報や、「ペティコは 使っても使わなくてもよくわからないほどこの効果を実感出来なかった」という口コミ情報も寄せられました。

DHCのペティコに限らず、100%の人に効果のあるものはありませんので、この口コミ情報だけを取り上げて 「DHCのペティコは効果がない!」と断じるのは早計かと思われます。

それ以外のDHCのペティコの特徴と言えば、そのボディの小ささにあります。

それについては、「小さ過ぎて持ちにくい」という声も聞かれましたが、「始めは『小さ過ぎて持ちにくい』 と思ったけど、使っているうちに慣れた」という声もありました。

これらの口コミ情報から判断するに、「DHCのペティコの大きさについては、慣れの問題が大きい」という事になります。

タグ

2011年7月26日|

カテゴリー:dhc美顔器

dhc美顔器

dhcの美顔器ペティコはエステティックサロンで使用しているマシンと同様の性能を持つ世界最小の美顔器です。 毛穴の汚れを取るクレンジング機能からイオン導入、たるみやハリのケアまで行えます。

dhcの美顔器ペティコ

dhcの美顔器はペティコという世界最小軽量の美顔器を発売しています。

女性の手にジャストフィットするサイズで35gという軽さです。

しかも、エステティックサロンで使用されているマシーンのすぐれた機能をそのまま搭載し、5種類のケアが行えます。

dhcは化粧品類も取り扱いのあるメーカーさんです。

もちろん専用の化粧品はdhcの化粧品を使用するわけですが、皆さんもご存知の通りお手軽な価格の商品なので安心ですね。

スターターキットとして、美顔器プラス専用の美容液もセットになって8085円で販売されています。

本体と専用美容液だけではなく、ネックストラップ、専用ポーチ、専用ボックス、マイクロカレント、リチウム電池、美容液は3種類です。

とても満足感をくすぐるセットになっています。

電源はリチウム電池1個で、5つのケア(20分)を周3回の使用でも約6週間使用可能となっています。

dhcの美顔器は、お手軽でコンパクトなかわいい美顔器です。

dhcの美顔器の機能

dhcの美顔器はエステティックサロンの高性能マシーンと同じ機能を搭載しているパワフルな美顔器です。

プラスイオンで毛穴の汚れを取り除き、くすみやテカリの改善となります。

専用の美容液でスキンクリーンローションを使用すればより効果的です。

プラスとマイナスの微弱電流の刺激で肌をマッサージし、元気な肌となりイオン導入しやすい肌にします。

専用パッテングジェルで効果アップです。

イオンアップの美容液を使用しイオン導入を行います。

美容成分が肌に行き届きキメの整った肌になっていきます。

イオン導入後は、プラスとマイナスの微弱電流の刺激を与え弾力のある肌にしていきましょう。

リフトアップ効果があり、すっきりとしたフェースラインになります。

最後に、2本のマイクロカレントスティックを使用し微弱電流の刺激で、ふっくらとしたハリを取り戻します。

イオンヘッドは筋肉やリンパの流れにそってゆっくりと動かします。

dhcの美顔器の機能は、毛穴の汚れを取り除くクレンジング機能から、フェイスマッサージで肌のたるみの改善機能までマルチに備えています。

dhcの美顔器も専用の美容液を使用することで効果が上がりますが、dhcの商品全体がお手軽な価格設定になっているため継続しやすい美顔器と思います。

楽しく継続することに意味があるもので、美肌を取り戻す大事なカギと言えるでしょう。

タグ

2009年10月 8日|

カテゴリー:dhc美顔器

人気の美顔器はどれだ!

  スポンサードリンク

Powered by
Movable Type 4.261

スポンサードリンク