人気美顔器口コミサイト

人気の美顔器はどれだ!

  

スポンサードリンク

最新情報

パナソニック 美顔器 スチーム

『パナソニック』のスチーム美顔器・『ナノケア』に使われているナノイーについて

スチームを顔に当てる事によって美顔効果を出すというスチーム美顔器の代表と言えば、「パナソニック」の「ナノケア」シリーズでしょう。

「ナノケア」シリーズの特徴は「パナソニック」独自の技術によって開発されたナノイーという微粒子を美容分野に利用している事です。

ナノイーと言えばハウスダストなどのアレル物質や空気中に浮遊しているカビやウイルスなどに効果があるとされています。 そのため、空気清浄機などの家電製品に利用されている事で知られます。

また、ナノイーは普通のマイナスイオンのおよそ1000倍もの大量の水分にまるでカプセルのように包み込まれている弱酸性の微粒子なので、美顔器やドライヤーといった美容分野にも応用されています。

大量の水分に包み込まれている微粒子であるナノイーを、髪を乾かすために使うドライヤーに利用するというのも変な気がするという方もいらっしゃるかと思われますが、そうとは言い切れません。

ドライヤーは髪を乾かすのと同時に髪を傷めてしまう危険性もはらんでいるものです。 しかし、大量の水分に包まれた微粒子であるナノイーを利用する事によって髪を熱風によるダメージから守りながら髪を乾かす事が出来るというわけです。

そして、お肌の乾燥から守るためにもナノイーは活躍します。

ナノイーの体積は普通のスチームのおよそ10億分の1と大変小さいのです。

その大変小さいナノイーのスチーム(「ナノケア」の機種によってはナノイーとプラチナナノ粒子とのダブルスチーム)によって、普通のスチームなら浸透させる事が出来ないお肌の奥までうるおいを浸透させる事が出来るのです。

これは余談になりますが、中には「ナイトスチーマーナノケア」などのスチーム美顔器を加湿器代わりに使いたいとお考えの方がいらっしゃいますが、それはおすすめ出来ません。「ナイトスチーマーナノケア」などのスチーム美顔器のスチームは顔やデコルテ、そして髪にうるおいを与える事を目的にしているもので、お部屋を加湿する目的で使用するものではありません。よって加湿器としては不向きだと考えられるからです。

『パナソニック』の『ナノケア』はスチームを当てるだけでは不充分な美顔器か

乾燥はお肌の大敵です。それに、お肌の汚れもまた大敵です。

「ナノケア」シリーズの中にはスチームを当てる事によってファンデーションなどの細かい汚れを落としやすくする事が出来るものもあります。

まさしく「ナノケア」シリーズの美顔器は一台で何役もこなす、お肌のケアをするにあたって心強い味方と言えます。

しかし、一方で「『ナノケア』は使いこなすのが難しい美顔器だ」という批判があるのも事実です。

その批評によると、同じ「パナソニック」の「ナノケア」シリーズの中でも「ナイトスチーマーナノケア」のように夜間寝ている間にスチームを顔に当てる事で美肌効果を出すのを目的としている美顔器を除けばただスチームを顔に当てるだけではお肌のお手入れをするには不充分だと言うのです。

前述のとおり、「ナノケア」シリーズは機種によってはスチームを顔に当てる方法によって汚れを落とす事も顔やお肌にうるおいを与える事も出来るように設計されています。しかし、どのようにスチームを当てればどのようなケアが出来るかをユーザーも勉強する必要が生じるという難しい美顔器でもあります。

最近ではその難しさを解消し、使い方もシンプルにした「スチーマーナノケア EH-SA31」という美顔器が「パナソニック」から発売されていますので、初めてスチーム美顔器をお使いになる方には「スチーマーナノケア EH-SA31」がおすすめです。

タグ

2012年2月27日|

カテゴリー:パナソニック 美顔器

スチーマー ナノケア

『スチーマー ナノケア』の種類について

「パナソニック」から発売されている「スチーマー ナノケア」は「パナソニック」独自の技術により開発された「ナノイー」という微粒子の特性を美容分野に応用したものです。

「スチーマー ナノケア」と一言で言ってもその種類は大きく分けて3タイプに分類されます。

いわゆる「おうちエステ」に最適な「スチーマー ナノケアEH?SA92」、忙しい平日には就寝時に、休日にはじっくり集中してお肌のお手入れが出来る「スチーマー ナノケアEH?SA60」、そして、「スチーマー ナノケア」を始めて使う人におすすめの「スチーマー ナノケアEH?SA31」などがあります。

「色々機種があるとどれがいいのかわかりづらい」という声もあるかと思われますが、色々な機種がある事を逆に言えばライフスタイルに合わせて使い勝手の良い「スチーマー ナノケア」を選ぶ事が出来るというメリットがあるという事なのです。

『スチーマー ナノケア』3種類の特性について

さきほどご紹介した3種類の「スチーマー ナノケア」のそれぞれの特性をもう少し詳しくご説明しましょう。

「スチーマー ナノケアEH?SA92」はナノサイズという非常に小さなプラチナナノ粒子とナノイーのダブルスチームによって、通常のスチームでは浸透させる事が出来ないお肌の角質層までうるおいを浸透させます。

ダブルスチームの温かいスチームと冷たいマイクロミストによって温冷エステが出来るのも「スチーマー ナノケアEH?SA92」の特徴です。

そのため、「スチーマー ナノケアEH?SA92」は温冷エステなどのおうちエステをやりたい方やとにかくお肌にうるおいが欲しい方におすすめです。

「おうちエステもいいけど、寝ている時にも起きている時にもお肌のケアが出来る方がいい」とおっしゃる方におすすめなのが、「スチーマー ナノケアEH?SA60」です。

さきほどお話したとおり、「スチーマー ナノケアEH?SA60」は寝ている時にも起きている時にも使える事が特徴の美顔器です。

寝ている間に使える美顔器として知られているのが同じ「パナソニック」から発売されている「ナイトスチーマー ナノケア」ですが、「ナイトスチーマー ナノケア」と「スチーマー ナノケアEH?SA60」の違いを簡単にご説明すると、「スチーマー ナノケアEH?SA60」は眠っている間に使用する時にはナノイーを利用してお肌や髪のケアをする美顔器で、スチームは起きている時に使います。ですから、眠っている間にもお肌のケアが出来ますし、起きている時にはナノサイズのプラチナスチームによってお肌のケアを集中的に出来るという美顔器で、「ナイトスチーマー ナノケア」は眠っている間にスチームによってお肌や髪のケアをする事を目的としているところが大きな違いです。

「スチーマー ナノケアEH?SA60」は昼も夜も使えますので、忙しい人におすすめです。

「スチーマー ナノケア」はそれぞれの機種の違いがわかりにくい事もさる事ながら、使いこなすのが難しい美顔器だという批評があるのも確かです。

その難しいところを取っ払って、スチーム美顔器初心者にもわかりやすいように操作をシンプルにしたのが「スチーマー ナノケアEH?SA31」です。

この「スチーマー ナノケアEH?SA31」は本当にナノサイズのスチームをおよそ6分間顔に当てるだけの美顔器です。

ナノサイズのスチームをメイクの前に当てる事でお肌にうるおいをプラスし、メイクを落とす前にナノサイズのスチームをメイク汚れが落ちやすくなるという、シンプルながら「スチーマー ナノケア」の良さを凝縮したのがこの「スチーマー ナノケアEH?SA31」なのです。

以上が「スチーマー ナノケアEH?SA92」・「スチーマー ナノケアEH?SA60」・「スチーマー ナノケアEH?SA31」の違いですが、使い勝手やその効果などは人それぞれ違います。

「スチーマー ナノケア」の効果がどのようなものなのか実際に試してみたいとおっしゃる方は東京都港区にある「パナソニック リビング ショールーム 東京」1階の「サロン・ド・エステジェンヌ」でそれを体験出来るとの事です。

お近くにお住まいの方はそこで「スチーマー ナノケア」を実際に体験してみるのもよろしいかと思われます。

タグ

2012年2月24日|

カテゴリー:ナノケア 美顔器

パナソニック 美顔器 価格

『パナソニック』の『ナノケア』シリーズの美顔器の価格について思う事

「良いものを安く買いたい」。

これは美顔器に限らず全ての商品について消費者が考える事なのではないでしょうか。

しかし、美顔器の価格というものにだけに絞って考えれば、必ずしもそうとは言い切れないように筆者には思われます。

あまり安過ぎると「この美顔器、本当に効果があるのかな?」と胡散臭い目を向けられてしまうという一面もあるかと思われます。 そして、それとは逆に非常に高い美顔器ですと、「これだけ高い価格の美顔器なのだから、美容効果があるはずだ」と考えてしまうところがあるように思えるのです。

その証拠に美顔器についての口コミ情報をネットで検索してみて下さい。

「この価格でどうかなあと思ったけど、美肌効果が出て良かった」とか、「高いお金を払ったのに効果は全くなかった」とか、実際にはその美顔器の美肌効果と価格とは比例しないものなのにもかかわらず、本体価格(プラスその美顔器専用美容液になる場合も)と美容効果についての論議になっている場合が多々あります。

しかし、「パナソニック」の「ナノケア」シリーズの美顔器については、あまり美顔器本体の価格とその美顔器の価値についての論議になる事は稀です。

「パナソニック」の「ナノケア」シリーズの価格は機種や小売店によっても違いますが、だいたい1?3万円代のものが多いです。 家電製品としての美顔器では平均的な価格と言ってもいいでしょう。

この価格設定が絶妙なのか、それとも価格の割に良い(悪い)買い物をしたという感覚がユーザーになく、「ナノケア」シリーズの美顔器の価格が「これくらいの価格の美顔器ならこれくらいの効果が出て当然」と思える価格になっているのか(これもある意味で価格設定が絶妙だという話になりますが)と筆者はにらんでいます。

蛇足ながら前にお話した「その美顔器の美肌効果と価格とは比例しないもの」の補足説明をさせていただくと、美顔器の本体価格か高ければ 高いほど美容(美肌)効果があるように感じてしまいがちですが、実際には必ずしもそうとは言い切れません。いくら高い美容液を使っても、お肌に合わなければ逆効果なのと同じで、高い美顔器を買ったところで自分に合わなければ美容効果は出せません。

しかしながら、美顔器の本体価格が高くなればそれだけ色々な機能がついているという事はあります。

その意味では「美顔器の価格が高ければ美容(美肌)効果が期待出来る」という事はありますが、様々な機能がついていても使いこなせなければ美肌効果は出ません。

当たり前と言えば当たり前の話ですが、これが意外とあるのです。

「パナソニック」の「ナノケア」シリーズの美顔器についても価格とユーザーが感じる価値についてはあまり論議されない代わりに「ナノケア」シリーズの美顔器が使いこなせるか否かという点については論議されます。

「パナソニック」の「ナノケア」シリーズの美顔器の中には使いこなせればこれほど美肌を作るという上で強い味方はないと言ってもいいくらいなのですが、逆に使いこなせなければ美肌効果は期待出来ないという美顔器があるからです。

それを考えれば、「パナソニック」の「ナノケア」シリーズの美顔器ほどユーザーにとっての値打ちという意味での価格を考えるのが難しい美顔器はないと言ってもいいでしょう。

タグ

2012年2月23日|

カテゴリー:パナソニック 美顔器

エビス 美顔器 使い方

『エビス化粧品』の『ツインエレナイザーpro』は使い方次第で携帯美顔器の代わりになるか?

うろ覚えの記憶で大変恐縮ですが、この冬はお肌の乾燥を防ぎお肌にうるおいを与える美顔器、それもかばんの中に入れて携帯して外出先でもお肌にうるおいをチャージ出来る携帯美顔器が注目されているとどこかのTV番組で紹介されていたという記憶があります。

筆者のうろ覚えの記憶ではありますが、確かに美顔器が携帯出来て外出先でも使う事が出来ればお肌の乾燥を覚えた時に使えますので、便利なのは言うまでもありません。

しかし、実際には財布の中身を見て「やめておこう」とあきらめたり、「わざわざ携帯美顔器を買わなくても、美顔器本体がそれほど大きくなければ外出先に持って出かければいいのではないか」という事を考えたりして、携帯美顔器の購入をあきらめている人もいらっしゃるのではないでしょうか?

そのような事を考えるのも、「エビス化粧品」から発売されている携帯美顔器・「リッチミスト」が壊れやすいという口コミ情報を知った人が「じゃあ、同じ『エビス化粧品』さんから発売されている『ツインエレナイザーpro』という美顔器を携帯して使ったらいいんじゃないの?」と考える人もいらっしゃる可能性もあると考えられるからです。

「ツインエレナイザーpro」の大きさは長さ170mm、幅50mm、厚さ46mmで、重さはだいたい160gです。

携帯美顔器よりも大きくなりますが、持ち運びが出来ない大きさ重さだとまでは言えません。

しかし、携帯美顔器に要求されるのは持ち運び可能な大きさや重さだけではありません。

確かに携帯美顔器は持ち運びの出来るサイズと重さを持っている事が最も大きなポイントになる事は事実ですが、それ以外にも外出先で使うものですから、使い方は簡単かつシンプルである事が望ましいです。

そして、それらの条件をクリアした上で、使用するに耐えうる設計になっている事も必須条件です。

その「使用するに耐えうる耐久性」という点において「リッチミスト」が問題になっているから同じ「エビス化粧品」の美顔器でも「『ツインエレナイザーpro』の方を携帯して外出先で使えないか?」という話になっているわけですが、それを実行しようとすると「使い方がシンプル」という点において問題になって来ます。

「エビス化粧品」のサイトや「ツインエレナイザーpro」の公式ネットショップなどに記載されている「ツインエレナイザーpro」の使い方の説明を見る限り、コットンを「ツインエレナイザーpro」本体にセットして美容液をたっぷりそれに含ませて、あとはメニューを選ぶだけ、というように受け取れます。

ただし、「ツインエレナイザーpro」はイオンクレンジングの時には「モイスチャーローション」を、ツイン導入の時とマイクロカレントの時には「Cエッセンス」と「植物性プラセンタMC100」を、というように、メニューごとに使う美容液の種類が違って来るのです。

現実問題としてこれを外出先でいちいちやるのは大変面倒です。

ですから、「エビス化粧品」のサイトなどを見ていると、「『ツインエレナイザーpro』の使い方は簡単です」と言いたいのではないかと感じられる広告が出ていますが、それはあくまでも「自宅で使う美顔器として使う分には」という但し書きがつくわけです。

これらの事を考えると、「ツインエレナイザーpro」を携帯して持ち運ぶ事に関しては、「やってやれなくはないと思いますが、『ツインエレナイザーpro』は出来れば自宅、あるいは旅行先に持って行って部屋の中で使っていただいた方がよろしいかと思われます」という事になります。

つまりは「ツインエレナイザーpro」に限らず、一部のローラー美顔器を除けば外出先で携帯する美顔器と自宅で使う美顔器は分けた方が良いという事になるでしょう。

タグ

2012年2月22日|

カテゴリー:エビス美顔器

エビス 美顔器 口コミ

『エビス化粧品』の2種類の美顔器の口コミ情報を比べて思う事

美顔器は最近家電製品としての地位を確立しつつあります。

それは美顔器のメーカー全体が努力した成果ではないかと筆者は考えています。

美顔器のメーカーも自社商品のさらなる機能向上を目指して努力しておられるかと思われますが、現在よりもさらに良い美顔器が発売されるのを期待しているのは筆者だけではないはずです。

そのような状況の中では、自社の美顔器をシリーズ化して発売する・自社の美顔器をバージョンアップして発売するなどの方法によって一つのメーカーが複数の美顔器を発売する事も珍しくはありません。

しかし、残念ながら「あるメーカーのAという商品は評判が良いのにBという商品は本当に同じメーカーが開発を手掛けているのかと疑いたくなるほど評判が悪い」という事も時にはあります。

そのように、「美顔器のメーカーにも得意分野・不得意分野というものがあるのかな?」と考えてしまうケースが「エビス(EBIS)化粧品」というメーカーから発売されている美顔器のケースについて考える時です。

「エビス化粧品」というメーカーからは「ツインエレナイザーpro」や「リッチミスト」などの美顔器が発売されています。

それらの美顔器について簡単にご説明しますと、「ツインエレナイザーpro」はイオンの力を利用してお肌の汚れを取るイオンクレンジングに超音波導入とイオン導入が同時に出来るツイン導入、そして、リフトアップ効果と引き締め効果が期待されるマイクロカレント&ソニックの三つの機能で美肌効果を引き出すとされている美顔器で、「リッチミスト」は最近話題になっている、かばんの中などに入れて携帯し、外出先でうるおいをチャージするというコンセプトの携帯美顔器の一種になります。

この「エビス化粧品」というメーカーから発売されている「ツインエレナイザーpro」と「リッチミスト」という美顔器については、「本当に同じメーカーの美顔器なのか?」と疑いたくなるほど、口コミでの評判がガラリと違うのです。

「ツインエレナイザーpro」の方は「使って2週間で効果が出た」や「『ツインエレナイザーpro』を使い始めてからお肌が明るくなった」など、割と評判が良いのです。

(もちろん中には「『ツインエレナイザーpro』の効果を実感出来なかった」という声も聞かれましたが、少数でした)

ところが、同じ「エビス化粧品」の美顔器である「リッチミスト」の方の口コミ情報を一言で言えば「壊れやすい」、具体的には「ミストが出ない(例・中で詰まってしまって弱いミストしか出ない・本体を振るなどの工夫をしないとミストが出ないなど)」・「化粧水が漏れる」・「『リッチミスト』本体が壊れて動かない」です。

(ただ、「リッチミスト」が問題なく動けば効果を感じる人はいますが、「リッチミスト」が問題なく動くという口コミ情報自体が少数です)

「エビス化粧品」というメーカーは、2012年2月の時点では同じ持ちやすいコンパクトな美顔器であっても、自宅でゆっくりと使用する事を前提とする「ツインエレナイザーpro」などの美顔器の方が合っているとも言えるでしょう。

あるいは「エビス化粧品」というメーカーの携帯美顔器は2012年2月現在まだ発展途上にあり、この先「ツインエレナイザーpro」よりも評判の良い携帯美顔器を開発するという可能性もないとは言い切れません。

「エビス化粧品」は「ツインエレナイザーpro」という素晴らしい美顔器を開発したメーカーなのですから、「リッチミスト」の欠点を克服した新たな携帯美顔器を開発してくれるのではないかと筆者は期待しています。

タグ

2012年2月21日|

カテゴリー:エビス美顔器

アイミー ミスト 口コミ

携帯ミスト・『アイミー』の不安材料は口コミ情報で解決出来るか

携帯ミスト美顔器・「アイミー」は1秒間に約16万回もの超高速振動によってタンクの中に入れられた「アイミー」専用エッセンスを細かいミスト化し、それを吹き付ける事によって顔や髪に潤いを与える事が出来る事と、かばんの中に入れて携帯する事が出来るためにいつでもどこでも乾燥した顔や髪にうるおいを補給出来る事が特徴の美顔器です。

お肌のお手入れの基本は汚れを落とす事と乾燥を防ぐ事です。

その理屈で考えると、「アイミー」のミストが、もっとはっきり言えば「アイミー」の専用エッセンスがお肌に合っていて、「アイミー」が正常に作動すれば美肌効果は期待出来ると考えています。

冒頭でもお話したとおり、「アイミー」には専用エッセンスがあります。それを逆に言えば手持ちの化粧水や美容液の使用は奨励されていないという事でもあります。つまり、それが自分のお肌に合わない可能性も皆無とは言い難いのです。

それについては、実際に「アイミー」を使ってみなければわからないものです。

いくら口コミで「『アイミー』はいい」と言われていても、その美容液をミスト化したものがお肌に合わなければ逆効果になってしまいます。

実際には「『アイミー』を使い出すと普通のミストタイプの化粧水が使えなくなる」と口コミでも評判になっているのですが、「アイミー」を購入する時には専用エッセンスが肌質に合わない可能性も視野に入れる必要がある事は言うまでもありません。

(ただ、「アイミー」を使っている人からの口コミ情報によれば、「アイミー」の専用エッセンスではなくてその他のメーカーの化粧水を使っているという方もいらっしゃいますが、筆者個人的にはそれはお控えになった方がよろしいかと思われます。美顔器の専用エッセンスというものはその美顔器の特性を最大限に発揮出来るように開発されたものだからです)

「アイミー」の不安材料はもう一つあります。それは「アイミー」という美顔器が正常に作動するか否かという点です。

美顔器はローラー美顔器のたぐいを除けば機械の力によってそれを動かすものがほとんどです。「アイミー」もその例外ではないのは冒頭でお話したとおりです。

そして、機械を正常に作動させるためにはその機械を動かすのに必要なパーツその他がどうしても要ります。そして、それらを格納するためには、それらを入れられる大きさの入れ物(ボディ)が必要になります。現在でも美顔器は自宅に置いて使用するのがデフォルトなのはそういう事情もあるかと思われます。

その常識を覆したのが「アイミー」などの携帯美顔器です。

「アイミー」などの携帯美顔器が登場するまでは、お肌のお手入れは自宅やエステティックサロンでするしかありませんでした。 どうしても外出先でお肌のお手入れをしたい時にはローラー美顔器をかばんに入れてトイレなどで使うしかありませんでした。 その意味で「アイミー」などの携帯美顔器は画期的な美顔器だと言えるでしょう。

しかし、美顔器本体が小さくなった事で、「本当にそれで正常に作動するの?」と不安要素がつきまとうのも事実です。

2012年2月13日現在口コミ情報では「『アイミー』は壊れやすい」という情報は入っていません。

よって、その点については安心してもいいのではないかと筆者は考えています。

タグ

2012年2月20日|

カテゴリー:アイミー 美顔器

アイミー ミスト

携帯ナノミスト美顔器『アイミー』のミストは一味違う!

携帯ナノミスト美顔器「アイミー」は超高速ナノミスト美顔器とも呼ばれます。

それは約16万回というとてつもない超高速振動によって本体のタンクに入れられた「アイミー」専用エッセンスをナノミスト化してそれを顔や髪に吹きかける事によって美肌効果や美容効果を引き出す美顔器だからです。

美顔器にはそれ専用の美容液のたぐいが必要になる事が多いので「アイミー」に専用エッセンスが必要になる事は理解していただけるかと思われます。

しかし、その専用エッセンスをナノミスト化する事のメリットについてはご存じではない方もいらっしゃるかと思われますので、それについてご説明したいと思います。

冒頭でもお話したとおり、「アイミー」は専用エッセンスをお肌に浸透させる事によって美肌(美容)効果を出す美顔器です。 そのため、美容(美肌)効果をより多く出すためには「アイミー」専用エッセンスを可能な限りお肌に浸透させる必要があります。 そのために「アイミー」専用エッセンスをナノサイズまで細かくしているのです。

普通のミストタイプの化粧水ではファンデーションや日焼け止めに使われる化粧品のたぐいの粒子よりも大きいので、ファンデーションなどの表面までしかそれが届きません。そのため、その下のお肌まで化粧水の成分を浸透させる事が出来ないのです。

しかし、メイクパウダーのおよそ1000分の1という非常に細かいナノサイズの「アイミー」のミストならばその下の表皮の下にある角質層の奥まで「アイミー」専用エッセンスを浸透させる事が可能です。

「アイミー」の専用エッセンスをナノサイズ化するメリットは美肌(美容)効果だけにとどまらず、メイクの上からミストを吹きかけてもメイクが崩れないために、うるおいを補給したあとにメイクをやり直すという手間が不要だというメリットもあります。

「アイミー」の美肌(美容)効果を引き出すためにナノミスト化するだけでは不十分です。 「アイミー」の専用エッセンスに美容効果や美肌効果のある成分が入っている必要があります。

そのため、「アイミー」の専用エッセンスはお肌に良いとされている成分を多く配合しています。

どのような美容効果が期待出来る成分を配合しているのかを具体的にお話すると、お肌を整えるために金・銀・プラチナをナノコロイド化したものを、せっかく補給したお肌のうるおいを逃さないために低分子・高分子ヒアルロン酸と低分子・高分子コラーゲンを、そして、お肌にハリを出すためにアルジルリンやリビジュア、EGF(Epidermal Growth Factor)などを配合しているのです。

美肌のために良いとされている成分をたくさん使用している専用エッセンスにその美肌のために良いとされている成分をお肌の角質層の奥まで浸透させるためのナノサイズのミスト。その二つを兼ね備え、かつ、いつでもどこでもかばんに入れて携帯してお肌にうるおいを補給出来る美顔器。それが「アイミー」なのです。

タグ

2012年2月18日|

カテゴリー:アイミー 美顔器

超高速ナノミスト美顔器アイミー

超高速ナノミスト美顔器『アイミー』とは

超高速ナノミスト美顔器「アイミー」はコンパクトなサイズでかばんの中に入れて携帯し、外出先でもナノミストを顔や髪などに吹き付ける事によって美肌効果や美容効果を引き出すという美顔器です。

「アイミー」の大きさは幅が5cmで長さが10,5cm、厚さが2,5cmです。つまり、携帯電話とほぼ同じサイズになるのです。

大きさとともに気になるのが「アイミー」本体の重さですが、これも120gと軽量です。

「120g」と言ってピンとこない方はだいたい鶏卵Mサイズ2個分の重さと考えて下さって差し支えありません。

(ちなみにパック詰鶏卵規格でMサイズの鶏卵の重さは1個58g以上64g未満です)

自宅から一歩外に出ると、夏の紫外線や冬の乾燥、そしてオフィスではエアコンによる乾燥と、お肌の大敵だらけと言ってもいいでしょう。それなのに、外出先ではお肌が乾燥してもその潤いをチャージする事が難しい現状がありました。

しかし、「アイミー」などの携帯出来る美顔器の登場によってその常識が覆されようとしています。

外出先でも使える化粧水は前からありますが、外出先でうるおいをチャージ出来る美顔器というのは画期的です。

しかし、外出先で使える化粧水でうるおいをチャージするには化粧くずれを起こすという問題がありました。

皆様の中にはプシュっと顔や髪などに吹きかけるタイプの化粧水を使って化粧崩れして面倒な思いをされた方もいらっしゃるのではないでしょうか?

「時間に余裕のある時に吹き付けるタイプの化粧水を使えばいいじゃないか」と思われそうですが、お肌の乾燥はいわば「待ったなし」の状態です。化粧直しをする余裕がある時にお肌が乾燥するとは限らないのです。

その問題点を「アイミー」は専用エッセンスをナノミスト化する事によって解決しました。

「アイミー」は1秒間に16万回以上という超高速振動によって「アイミー」専用エッセンスをナノサイズのミスト化します。

(これが「アイミー」が「"超高速ナノミスト"美顔器」と呼ばれる所以です)

「アイミー」専用エッセンスをナノミスト化する事によって化粧崩れを防ぐとともに専用エッセンスをお肌の奥まで浸透しやすくしています。まさに「一石二鳥の妙案」です。

さらに欲を言えば、美顔器の操作は簡単である事が望ましいです。

化粧直しをする時間もないほど忙しい時にあれこれ複雑な操作をしている時間はありません。

これについても「アイミー」は考えています。

タンクの中に専用エッセンスを入れて本体のスライド部分を下にずらすとナノミストが噴出される仕組みになっています。つまり、スタートボタンを押す手間さえ取らせないのです。

そして、「アイミー」は30秒経てば自動的にナノミストが止まるようになっていますので、ストップボタンを押す手間がはぶけるだけではなく使いっぱなしにならないので、安全であるとも言えるでしょう。これも「一石二鳥の妙案」です。

タグ

2012年2月17日|

カテゴリー:アイミー 美顔器

レーザー 美容器

レーザによる美容効果を得るには美容器や美顔器よりも専門家に行く方が良い

年齢とともに知らず知らずのうちに顔に現われるシミ。「このシミ、何とかして消せないかなあ」と鏡を見ながらため息をついた事のある人もいらっしゃるのではないでしょうか。

シミというものは顔だけに出来るのではなくて、手の甲などの紫外線が当たりやすいところに出来るものです。 悲しい事に、そこは人目につきやすいところでもあるのです。

シミを消すと言われている化粧品を使うにしてもその化粧品も効き目は絶対ではありません。 肌質によってはあまり効果が現われない事もあると言います。そして、その他色々な努力をしても、一度出来たシミはなかなか消す事が出来ません。

シミにはレーザーによる治療が効果があるとされています。

レーザーは医療分野だけではなくてシミの治療などの美容の分野にも応用されています。

自宅でレーザーの美容分野に関する効果を得る事が出来る美顔器や美容器があればそれを使いたいと考える人はいらっしゃるのではないでしょうか。

結果から言わせていただくと、レーザーを使用する事によって美容効果を出す美容器というものはあります。

「ヤーマン」というメーカーから発売されている「フォトレーザー」や「エステレーザー」などがそのたぐいになります。

しかし、筆者はレーザーの美容分野への応用としての家庭用美顔器や美容器のたぐいの効果についてはいささか懐疑的です。

まず、レーザーというものは微妙な加減が必要です。

強過ぎれば正常な皮膚の細胞まで破壊してしまいますし、弱過ぎればシミは消えてはくれません。

人によって肌質は違います。ある程度データがそろえば「これだけレーザーの出力があれば半数はシミ治療の効果が期待出来る」というような、シミ治療に必要なレーザーの出力の平均値を出す事は可能かとは思われますが、「平均=誰でもそうなる」という考え方は危険です。

たとえば、同じ時間同じ場所で太陽の光にあたっても、日焼けの程度は人によって違います。日に焼ける事によって生じる症状も人それぞれです。 それを同一のものと考えてはいけないのと同じように、レーザーの出力についても同一に考えてはいけないと筆者は考えています。

その次に来る質問は、「それではレーザー美容器(美顔器)を使っての脱毛効果はどうなのですか?」なのではないでしょうか。

レーザーによる美容効果とはシミの治療だけではなくて、脱毛効果も含まれます。

レーザーによってムダ毛の毛根を焼く事でムダ毛が生えないようにするというのがレーザー脱毛のメカニズムです。

これについても筆者はレーザーを使用した美容器による脱毛効果についてもレーザーによるシミの治療と同じものだと考えています。 つまり、レーザーの出力が弱くて効果がないか逆にレーザーの出力が強過ぎて火傷を負ってしまうか両極端になりかねないと考えられるのです。

あくまでも筆者個人的な考えですが、シミの治療にしても脱毛にしても、家庭用の美容器(あるいは美顔器)に頼るのではなくてきちんと専門家に見てもらう方が良いのではないでしょうか。

よって、レーザーによるシミ治療や脱毛をするのであれば、家庭用のレーザー美容器やレーザー美顔器を探すよりも信頼出来るクリニックを探す事を筆者はおすすめします。

タグ

2012年2月15日|

カテゴリー:レーザー美顔器

日立 クチコミ

『日立』などの大手企業から発売されている美顔器のクチコミを聞いて思う事

「日立」から発売されている「ハダクリエ」という美顔器について考える時、どうしても「美顔器購入の決め手にネームバリューが必要か」という事について考えてしまいます。

実際、「ハダクリエ」のクチコミをお聞きしても、「『日立』さん(という大企業の)美顔器だから買ってみた」という声をよく聞くのです。

筆者個人的な考えとしては、「美顔器に限らず全ての商品はネームバリューその他の要因ではなくて美顔器(その商品)そのもので勝負するもの」だと考えています。

しかし、「大企業さんの製品の方が安心感がある」という声があるのもまた事実である事は認めなければいけません。

これは美顔器ではなくてシミ抜きの化粧品のお話になりますが、その手の化粧品を選ぶ時には大手の(名の知れた)メーカーさんの商品を購入すると良いという意見があります。

その理由として、何かトラブルがあった時に大手のメーカーさんが相手ならばそのトラブルへの対応、いわゆる「アフターサービス」をおろそかにする事はありませんが、あまり名の知れないメーカーさんだとそれがぞんざいになる事があり、あまり名の知れないメーカーさんにはアフターサービスに期待が出来ないからだと言うのです。

それが理由とは言い切れませんが、様々な美顔器のクチコミをお聞きすると、どこのメーカーさんの何という美顔器だったかはここでは触れませんが、「美顔器が壊れたのでメーカーのお客様窓口に連絡したけど、いい加減な返答だったので頭に来た」という声を耳にした事もありました。

(かなり前の話なので現在はそのメーカーさんもお客様に対する応対に関しては善処している可能性はありますが)

小さなメーカーではお客様窓口専門の部署を置く事が出来ないという事情もあるのかもしれません(このあたりは筆者の想像で申し上げてまことに恐縮ですが)。しかし、メーカーの対応一つで商品にケチがついてしまうのは悲しい事です。 それはメーカーさんに善処を求めるところです。

そうかと言って、名の知れないメーカーの美顔器含む全ての商品を「得体が知れないもの」という目で見るのはどうかと筆者は思うのです。

今日大企業と言われる「日立」や「パナソニック」なども、始めから大企業だったわけではありません。それらの大企業も、大企業と呼ばれるまでには人知れぬ努力があったはずです。

そして、「悪徳商法で利用される怪しげな機器」というイメージのあった美顔器が今日家電製品として確立した地位を築いているのも、美顔器メーカー全体が努力をして来た成果であると筆者は考えます。

タグ

2012年2月14日|

カテゴリー:日立美顔器

スポンサードリンク